2008年12月07日

「違いがわかる人」になりたい

2007年に4等級の飛騨牛を最高品質の5等級と偽って販売したとして、食肉卸売会社「丸明(まるあき)」前社長、吉田明一容疑者が逮捕された事件で、この等級偽装は2005年から行われていたことが分かりました。

吉田容疑者は「一般の人に4等級と5等級の違いは分からず、不正はばれないと思っていた」と供述しているとのことです。

やっぱり「牛肉のプロ」には、味の違いがわかるんでしょうか?

以前、高級な物とそうでない物を見分けるという企画をテレビでやっていて、結構人間の味覚なんて当てにならないなと思ったものですが。

いずれにしろ等級偽装じゃネスカフェのCMじゃあるまいし、違いがわかっても、違いを楽しむことはできませんよね。


[飛騨牛偽装]05年から「一般の人分からない」丸明前社長
http://news.livedoor.com/article/detail/3929971/


タグ :牛肉飛騨牛

同じカテゴリー(事件)の記事
 足裏マッサージ器で窒息死 (2008-12-16 21:18)
 ブッシュ 靴を投げられるYouTube動画 (2008-12-15 14:08)
 振り込め詐欺の犯人写真 第2弾 (2008-10-22 18:37)
 振り込め詐欺の犯人はお前だ! (2008-10-01 14:23)
 福原愛にプロポーズ (2008-09-11 14:57)
 柳楽優弥の今後 (2008-09-01 14:11)